こんにちは!若葉キッズイングリッシュの工藤ミキです。

 

かれこれ十数年ほど前、さいたま市内の私立幼稚園で英語専任講師をすることになってから、子供と英語にかかわる私の人生が始まりました。その後、大手の子供英語教室やインターナショナルプリスクールなどで勤務し、2010年に若葉キッズイングリッシュをはじめました。

 

両親の洋楽好きのおかげか子供のころから英語は好きで、進学も自然な流れで外語大に行きました。父がちょうどそのころアメリカに赴任していましたので、ちょくちょく遊びに行っていましたが、現地であまりに英語がつかえない自分にショックを受け、大学に通いながら通訳養成の専門学校にも通いました。

 

「そこそこ英語できる~」と思っていた私の鼻は、実際に英語を話さなければいけない場面で、みごとにぽっきり折れました。 と同時に「今まで学校で教わってきたことは、いったい何だったんだろう?」という疑問が沸きました。

 

現在、日本の英語教育は大きな転換点を迎えています。小学校での英語授業も必須科目になり、大学入試も、「聞き、読み、話し、書く」の4技能を試すものへと変わりつつあります。この流れの中で、今、目の前にいる子供たちに何が必要なのかを考えつつ、できる限りのことはしたいと思っています。